生産性要件とは

生産性要件とは、教育訓練や設備の導入等により生産性を向上させた場合に一部の助成金で助成額が増えるという制度です。

生産性要件

助成金を申請する事業所が、次の方法で計算した「生産性要件」を満たしている場合に、助成の割増等が行われます。

助成金の支給申請を行う直近の会計年度における「生産性」が、

①その3年度前に比べて6%以上伸びていること

②その3年度前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること(※1)

生産性の計算式

生産性=付加価値(※2)÷雇用保険被保険者数
※2 付加価値=営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課

※1 この場合、金融機関から一定の「事業性評価」を得ている必要があります。

用語の意味

「事業性評価」とは、労働局が助成金を申請する事業所の承諾を得た上で、事業の見立て(市場での成長性、競争優位性、事業特性及び経営資源・強み等)を与信取引(借り入れなど)のある金融機関に照会し、その回答を参考にして、割増支給の判断を行うもの。