接客業のIT技術発展がめざましい

今や求人倍率はバブル期を超え、どの会社も人材確保には苦労されているのではないでしょうか。

私の関与先でも「人手が足りない」「求人を出しても応募がない」といった声がよく聞かれます。

人手不足の代表格とも言える職種のひとつに接客業があげられます。

そんな折、接客業のIT技術活用の発展はめざましく、その動向のいくつかを紹介します。

これぞ究極?無人店舗

アメリカ:レジのない店舗「Amazon Go」
中国:AI管理の無人店舗、イオンが開発
日本:ローソンが示す”次世代コンビニ”

いずれも無人といっても今のところレジ係りがいない、つまり決済を自動化するということのようです。

とはいえ、ついにここまできたかという感じ。

Amazon Goは店内に設置された複数のカメラ、センサーにより客が手に取った商品や棚に戻した商品を把握してゲートを通れば自動的に決済。

中国のイオンはよくわからないけどAmazon Goと同じような感じ?

ローソンは全ての商品に電子タグをつけ専用エコバックに入れてゲートを通れば自動決済。

また、ローソンではバーコードをスマホのローソンアプリで読み取ってその場で決済なんていうのも年内に実験スタートのようです。

決済を自動化する方法も色々あるんですね…。

共通するのは全て電子的な決済をするということ。

日本ではお札が精巧すぎるからか?電子マネーがあまり浸透していませんが、他国では電子マネーが当たり前になりつつあります。

発展途上と思われがちですが、特にアフリカなんかでは電子マネーはものすごく普及しているらしいですよ。

いつまでも現金に拘っていたら日本は取り残されてしまうかもしれませんね。

品出しの問題があるので完全に無人化するのはまだ難しい気がしますが、無人レジがスタンダードになればかなりの人員削減になりそうですね。

アンドロイドが接客!?

サマンサタバサがアンドロイドの新入社員

写真は人ではありません。アンドロイドです。

ここでいうアンドロイドというのはスマホのことではなく、人型のロボのことですね。

記事を読む限りまだ大したことはできなさそうですが、将来的には顧客の名前や好みの色を覚えて自動的に対話することを目指しているとのこと。

ショップ店員の代わりになるわけですね。

今でもたまにドンキとかにペッパー君が置いてあることがありますが、そういえば話しかけたことはないな~。

どうしても話しかけるのをためらってしまいますが、いずれ当たり前になるのかな・・?

スマートスピーカーでメニューをオーダー

導入したのはこちらのお店。国内初らしい。

スマートスピーカーというのは、CMでも見るGoogle HomeやAmazon Echoなどの製品のことです。

簡単にいうと、AIが搭載されたスピーカーで話かけると音楽を再生してくれたり、調べものをしてくれたり…といった感じです。

タブレットでオーダーはありますが、スマートスピーカーでオーダーというのは、ありそうで確かに見たことないですね。

やってることはタブレットと同じですが、選択肢としては有りだと思います。

メニューを見て探すのがめんどくさいときに「枝豆ある?」みたいに話しかける使い方ができるのかな?